トップページ


音更大袖振大豆

◇音更町の大豆
 音更町で初めて大豆が植えられたのは明治16年と言われており、これは芋や麦より早かった事になります。
 日本の大豆生産を担ってきた音更の大豆ですが、水田転作の大豆が増えていく中で北海道では3番目の作付面積となりました。
 現在の主力品種はユキホマレで音更の作付面積の半分以上を占めています。あとは音更大袖や黒豆のいわいくろ、納豆用の小粒大豆ユキシズカなどです。

◇音更町で生まれた音更大袖振大豆
 なかなか地名が付いた豆にはお目にかかれませんが、音更大袖振大豆は誕生から既に60年を超えて栽培されているレジェンドな作物です。
 音更町中音更地区の故・川元豊一さんが種皮が緑色の青大豆(流通業者は大袖振と呼んでいた)の中から大粒で冷害にも強いものを繰り返し選抜し、徐々に町内外で評判になっていきました。
 音更大袖は在来種だったので、道立農業試験場における品種比較試験により、平成3年になって優良品種に採用されました。
 品種名は音更大袖ですが、流通段階での銘柄名は音更大袖振大豆となります。

◇音更大袖振大豆のウリは
「甘くておいしく、健康にも期待できる」です

 音更大袖振大豆はその甘さから、お菓子の原料として評判が高く、豆腐にしてもおいしい豆腐となるため、日本各地のお豆腐屋さんで音更大袖振大豆が使われています。また、イソフラボンが多く含まれており、健康面でも優れた効果が期待できます。
 地元では、枝豆としておいしく食べられているほかに、音更町ふれあい交流館の加工室を利用した「味噌」作りが盛んです。
 町内の渡部食品が「納豆」や「味噌」として、町内の農協系スーパーが「豆腐」や「納豆」として、「きなこ」「炒り豆」「ドライパック」「茹で大豆」等が音更町物産協会(道の駅おとふけ)やエーコープおとふけ等で売られています。

oosode

◇音更大袖茹で大豆
 音更という地名が付いた大豆「音更大袖振大豆」を丸ごと味わってもらうための商品。それが「音更大袖茹で大豆」です。この大豆の大きな特徴は豊富に含まれた栄養成分、その中でもイソフラボンの含有率は日本で作付面積が最大のフクユタカより約3倍もあるのが特徴です。そのうえに糖分が高く甘さがあって、美味しい大豆として評判です。その大豆を手軽に味わうことができるよう、塩加減や茹で方にこだわって作り上げたのが「音更大袖茹で大豆」です。
 そのまま食べても美味しいですし、サラダに加えるだけでよりヘルシーなサラダになります。時間をかけて茹でなければ料理に使えなかった「大豆」が、色々な大豆料理に手軽に使え、毎日の食卓で活躍します。

otohuke_daizu1otohuke_daizu4